カジノ必勝法 バカラのルールと遊び方の解説

カジノで使える各種攻略法・必勝法を大公開!

バカラ紹介

▼ バカラ画像 ▼

ジパングカジノのライブゲーム

ジパングカジノのライブゲーム

ラッキーベイビーカジノのバカラ

ラッキーベイビーカジノ

マイクロゲーミングのバカラ

ジャックポットシティカジノ

▼ バカラ画像 ▼

マイクロゲーミングのバカラ

ジャックポットシティカジノ

インターカジノのバカラゲーム

インターカジノ

ウィリアムヒルカジノのライブバカラ

ウィリアムヒルカジノ

バカラ(baccarat)は、ブラックジャックと同様、トランプカードを使ってプレイヤーとバンカー(ディーラー、胴元)で数を競い合うゲームの一種です。

最初にディーラーがプレイヤー、バンカーのそれぞれにカードを2枚ずつ配ります。
手元の2枚のカード合計の数で両者で競い合いますが、場合に応じては3枚目のカードも配られます。
即ちブラックジャックとは異なり、3枚目の追加はプレイヤーの意思に関係なく、ルールにより定められています。

勝負に出る手元のカードの最大枚数は3枚までとなり、4枚目以降の追加はありません。

勝負の決め手は、手元のカードの合計した数字の1ケタを競う点で数字の大きい方が勝ちとなります。
数字が1ケタなので、9が最強で0が最弱となります。

ここで注意すべき点は、プレイヤー(自分)がゲームに勝てば配当がもらえるゲームではないという点です。

バカラは、プレイヤーとバンカーの両者のうち、どちらが勝つか予想して当てていくゲームで、予想が的中すれば配当がもらえます(引き分けの場合もあり) 若干ですが、プレイヤーかバンカーかによって配当金も異なります。

このゲームはいわば、日本でいう『丁半博打』に似たようなゲームと言えます。

バカラの3枚のカード合計の1ケタの数字

ルール

バカラのルール詳細

【カードの数え方】

バカラは前述したとおり、カードの合計した数字の1ケタの大きさを競い、プレイヤーとバンカーのどちらが勝つかを賭けていくゲームです。
各カードの数の数え方は以下のようになります。

<カードの数え方>
・A(エース)の4種類は、1
・カード2~10は、そのままの数値
・J、Q、Kの絵札は、0または10

【ゲームの流れ】

  • ➊ まずはじめに、プレイヤーが勝つかバンカーが勝つか予想してベットします。また引き分けに賭けることもできます。
  • ◇ 補足:引き分けに賭けていくことをタイ(tie)といいます。
  • ➋ プレイヤー、バンカーのそれぞれにカードが2枚ずつ配られます。
  • ➌ 上記②の段階でプレイヤーの手元のカード合計(2枚)に応じて、プレイヤーの3枚目のカードを引きます。
  • ➍ 「③のプレイヤーに与えた3枚目の中身」と「②のバンカーのカード合計」に応じて、バンカーの3枚目のカードを引きます。
  • ➎ 以上で「プレイヤーのカード合計の1ケタ」と「バンカーのカード合計の1ケタ」で数字の大きさを比較し勝敗を決めます。

【バカラの配当】

プレイヤーが勝った場合とバンカーが勝った場合、また引き分けの場合によって配当は異なります。
予想が的中すれば、以下のような配当が得られ、はずれば賭け金が没収されます。

  • ◆プレイヤーの勝利 ⇒ 配当が2倍(1:1)
  • ◆バンカーの勝利 ⇒ 配当が1.95倍(0.95:1)
  • ◆引き分け(タイ) ⇒ 配当が8倍(7:1)

※プレイヤーかバンカーかに賭けて引き分けだった場合、賭け金は払い戻されます(差し引きゼロ)

※バンカーに的中の際とプレイヤーに的中の際の0.05という僅かな違いは、コミッションというもので、バンカーが有利に働く際に使われるものです(詳細は後述にて説明します)

3枚目を与える条件

バカラのプレイヤー3枚目のルール

【プレイヤーの3枚目のカードの有無】

上記「ゲームの流れ③」でプレイヤーに3枚目を与える条件と与えない条件には以下のような内容となります。

◆プレイヤーに3枚目を与える条件:
上記②でのプレイヤーの手持ちカード合計2枚の1ケタの数が0~5の場合

◆3枚目を与えない条件:
上記②でのプレイヤーの手持ちカード合計2枚の1ケタの数が6~9の場合

バカラのバンカーの3枚目の対応表

【バンカーの3枚目のカードの有無】

上記「ゲームの流れ④」で書かれている通り、バンカーに3枚目を与える条件は、「③でプレイヤーに与えた3枚目のカードの中身」と「②のバンカーの手元2枚のカード合計の1ケタ」の状態に応じますが、直近の表にその状態をまとめ上げました。

<要約>

  • ・2枚のカードが配られた時点で、プレイヤーまたはバンカーのカード合計が8、9ならこのまま勝負となり、数が大きい方が勝ちとなります。この2枚のカードで合計の1ケタが8、9で成り立つことをナチュラルと言います。
  • ・バンカーが3枚目を配るのは、少しでもバンカーが勝てるように有利に働かせる点にあります。例えば、プレイヤーが2枚のカードの合計の数で勝負する場合、1ケタの数が6~9のときですが、一方、バンカーが2枚の合計が0~5だと明らかな不利の状態なのでカードをもう一枚与えられる形となっております。0.05%のコミッション費が発生するのは、こういった意味などからです。
  • ・ナチュラル以外の場合、3枚目のカードを引けるかどうかはルールに従いますが、実際に賭け金をベットするのは一番最初の段階である為、実際に無理に覚えても勝敗(配当の有無)に関わることではありません。あくまで参考程度にとどめておくのが無難です。

当サイトおススメのオンラインカジノ

無料チップ贈呈!入会ボーナス増量など、
新規ユーザーにもってこい!特別プロモが盛り沢山!

① ジパングカジノグループから無料チップ30ドルをご提供!

② ジャックポットシティでは、サインアップボーナス $1,800 ご進呈!

③ 入金一切要らず!ユーザー登録だけでOK!無料チップ30ドル進呈!

④ インターカジノでも、大幅上乗せ $1,000をご進呈!

その他、日本語対応で信頼性の高い優良カジノが続々と誕生!!
是非この機会にお試しあれ!!

カジノジャンボリーのバナー広告
カジノジャンボリー

スピンパレスカジノで一攫千金
スピンパレスカジノ

ウィリアムヒルカジノでプレイ
ウィリアムヒルカジノ

インペリアルカジノのバナー画像
インペリアルカジノ

無料チップ贈呈!入会ボーナス増量など、
新規ユーザーにもってこい!特別プロモが盛り沢山!

① ジャックポットシティでは、サインアップボーナス $1,800 ご進呈!

② 入金一切要らず!ユーザー登録だけでOK!無料チップ30ドル進呈!

③ インターカジノでも、大幅上乗せ $1,000をご進呈!

その他、日本語対応で信頼性の高い優良カジノが続々と誕生!!
是非この機会にお試しあれ!!

スピンパレスカジノで一攫千金
スピンパレスカジノ

ウィリアムヒルカジノでプレイ
ウィリアムヒルカジノ

gotoTop